Image 1
Image 2
Image 3
Image 4
Image 5
Image 6

種目/参加資格2020 EVENT/ELIGIBILITY

定員 500名
部門 ・一般の部 男女
 (高校生以上49歳以下)
・50歳以上の部 男女
参加費 12,000円(当日申込なし)
※参加賞・傷害保険・完走証を含む
シリーズ アジアトレイルマスター
獲得標高 2,500m
未舗装率 80%
エイド数 6ヶ所
完走率 一般の部男子:85.7%
50歳以上男子:65.5%
一般の部女子:61.4%
50歳以上女子:64.3%
(2019年)

種目15km

定員 500名
部門 ・一般の部 男女
 (中校生以上49歳以下)
・50歳以上の部 男女
参加費 ・中学生以上 5,000円
 (当日申込可 1,000円増し)
※参加賞・傷害保険・完走証を含む
獲得標高 800m
エイド数 2ヶ所
完走率 一般の部男子:100%
50歳以上男子:100%
一般の部女子:98.2%
50歳以上女子:100%
(2019年)

種目2.5km

定員 200名
部門 ・小学生以下の部 男女
 (優先)
 3歳以上 (未就学児のお子様は保護者の伴走が必須です)
・一般の部 男女
 (中学生以上)
参加費 ・3歳以上 1,000円
 (当日申込可 1,000円増し)
・中学生以上 3,000円
 (当日申込可 1,000円増し)
※参加賞・傷害保険・完走証を含む

2020 ディレクターのご紹介2020 ECHIGO COUNTRY TRAIL DIRECTOR

松山 優太 / 大会ディレクター

松山 優太 / 大会ディレクター
YUTA MATSUYAMA

みなさんご存じ《トキミンゴ》ゆーた君です!
2017年から越後カントリートレイル ECHIGO COUNTRY TRAIL 連続参加の彼が大役をかって出てくれました!ありがとう!
2020大会はトレイルランナーの目線で大会を盛り上げてくれます。

世界各地を転戦しながら感じることを伝えています!
Blog【 たびとトレイルランとそれとこれ。】

インナーファクトトップアスリート
青年海外協力隊で活動していた中米ニカラグアでトレイルランニングの魅力と出会う。 さらなるトレイルランニングの楽しさを求め日本にとどまらず世界のトレイルレースに出場。 「自分らしく楽しむ」を大切にし、国籍・性別・年齢・順位・競技歴にとらわれないこのスポーツに全力で取り組むトレイルトラベラー。

レース成績
・Ultra Trail Chiangmai 104km 2019 タイ王国 総合優勝
・The Beast Trail 50km2017 中華民国(台湾) 総合優勝
・Formosa Trail 104Km 2018 中華民国(台湾) 総合2位
・TMBT(The Most Beautiful Thing) 100km2017 マレーシア ボルネオ島 総合3位
・Korea 50k (80km) 2019 大韓民国 総合3位
・Echigo Country Trail 53Km 2017 新潟県 総合5位

その他、ニカラグア、コスタリカ、スペイン、トルコなど世界各国のレースになんとかお仕事と両立しながら参戦。

久保田 邦彦 / コースディレクター

久保田 邦彦 / コースディレクター
KUNIHIKO KUBOTA

小千谷市在住の久保田です!
この越後カントリートレイル ECHIGO COUNTRY TRAIL コースの小千谷側でよく練習しています。2019大会では台風の影響でコースが荒れてしまいましたが、2020大会では選手のみなさんが楽しく走れるようにコース作りをしていきます!
多くのエントリーをお待ちしております!

越後カントリートレイルについてABOUT ECHIGO COUNTRY TRAIL

越後カントリートレイルとは

新潟県長岡市小国町が ECHIGO COUNTRY TRAIL のステージ
おぐに森林公園をスタート&ゴールに、東は小国峠・城山を越え小千谷市の時水・白山運動公園。西は小国町で一番高い八石山山頂。
これらは嘗て(かつて)私達の先人が日常生活で歩いていた各集落をつなぐ古山道です。それら 総延長53kmの雄大な山野と集落をつなぎ走るトレイルランニング大会が「越後カントリートレイル ECHIGO COUNTRY TRAIL」です。
コースは、53km、15km、2.5km。プロランナーから初心者・ご家族まで幅広くお楽しみいただけます。

みんなが主役の大会を目指して!

越後カントリートレイル ECHIGO COUNTRY TRAIL に参加されたランナーの皆様が先ず話されるのは、
「とにかく応援がスゴイ!」
「歩きそうになっても皆さんの"がんばれー"でまた走り出せた!」

リピーターが多いのもこの大会の誇れる部分。おぐにで必死に走るランナーの皆さんへ、"おぐに"のおもてなしの想いが応援にも息づいています。

”リピーター続々!大人気トレイルランイベントを支える「みんなが主役」の哲学”
【な!ナガオカ】 で詳しく紹介されています。ご覧ください。

2019 リポートECHIGO COUNTRY TRAIL MOVIE/PHOTO

【2019総集編】

【2019 At Mukeyama 850 Photos 】

Top